Funky Freshin'

日々リリースされる膨大なHip Hop / R&Bの海に溺れながら音源を紹介していきます

HODIwH4-9ls
UKのデュオ、The Codeの2作目となるミックステープ、"Blue Electronica"。
男性シンガーとプロデューサーのデュオ、というところは判明しているものの、それ以外の情報が謎に包まれているというミステリアスなユニットです。

タイトルにもある通り、エレクトロニカやアンビエントの要素をベースにしたR&Bで、独特な世界観があります。スロウな4つ打ちからディープ・ハウスに接近していくような楽曲もあり、Majid Jordanに似た雰囲気も感じられます。実はジャケもgifになっていて、少女(?)が飛び上がるとともに髪と右手が青くなるというなんとも意味深な画像だったりします。

シンプルなベースラインとキックの上を色気のあるボーカルが覆う04. F**k、テンポアップした4つ打ちで開けたかと思いきやアウトロ的なスクリューが差し込まれハッとさせられる05. Azure、前作の"1/11"のジャケに描かれているマークにも符合するラスト11. IIIIIなど、いろいろと妄想を膨らませるところがあるのもなかなかです。

客演にはアトランタのラッパーであるKasFlow(前作にも参加していました)、トロントはOVOからP.Reignの2名の名があり、なんとなくDrakeお兄さんが好きそうなラインというか、もうすでに押さえているかもという感じです。




前作もあわせてどうぞ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック